アトム電器 三軒家店(有限会社 おかもとでんか)のホームページ。大阪市大正区にある町の電気屋さん。家電製品の販売、エアコン、電気工事、パソコンからリフォーム、オール電化など電気のことならなんでもお任せ下さい!アトム電器三軒家店

Photoshopで一括処理(ドロップレット機能)

Photoshop使い方

Photoshop CCで複数の画像ファイルに対して同じ処理をドラッグアンドドロップで簡単に処理できるようにするドロップレット。その作成手順の覚え書き。今回の例はカラー画像をグレースケール画像に変換して、ファイルを「出力」というフォルダーに保存しています。

  1. まずは、画像に対する処理をアクションとして登録します。アクション パネルの 新規アクションを作成 をクリックする。
    新規アクションを作成

  2. 今回の例では、「新規アクション」ダイアログで、アクション名テストアクション と入力して、記録 ボタンをクリック。すると自動的にアクションの記録が開始されます。
    アクションの記録開始

  3. イメージ - モード - グレースケール をクリックして、グレースケール画像に変更する。
    モードをグレースケールに変更

  4. ファイルを保存するということを記録します。ここでは ファイル - 書き出し - Web用に保存(従来) で書き出しています。
    ちなみにPNGとしてクイック書き出し書き出し形式...ではアクションに登録されなかったけれど、別名で保存... ではアクションに登録できた。
    Web用に保存(従来)

  5. 「Web用に保存」ダイアログで、保存する内容を設定(JPGやGIFなどの画像の形式や、サイズなど)して 保存... ボタンをクリックする。
    保存

  6. 「最適化ファイルを別名で保存」ダイアログで、場所 を、ブックレットを作成する時に指定するフォルダーに合わせておく(今回の例では出力 というフォルダー)。
    保存の実行

  7. 画像が保存されたら、アクションパネルの再生 / 記録を中止 をクリックして、アクションの記録を停止する。
    アクションの記録を停止する

  8. 次にドロップレットを作成します。ファイル - 自動処理 - ドロップレットを作成... をクリックします。
    ドロップレットを作成

  9. 「ドロップレットを作成」ダイアログで、アクション に処理内容のアクション名を選択します(今回の例ではテストアクション)。
    実行後フォルダー を選択し、選択... ボタンで保存先フォルダーを指定します。このフォルダーはアクションで保存した時と同じフォルダーにしておく必要があります。今回の例では出力フォルダーを指定しています。
    さらに "別名"で保存コマンドを省略 のチェックボックスを入れます。
    ファイルの名前 で、保存する時のファイル名を指定することができますので適宜調整します。
    ドロップレットファイルの設定

  10. 設定したドロップレットを保存します。ドロップレットを保存選択... ボタンをクリックします。
    ドロップレットファイルの保存

  11. 「保存」ダイアログが表示されます。今回の例では作成するドロップレットのファイルの 名前テストドロップレットと入力して、デスクトップ上に保存ボタンで保存します。
    ドロップレットファイルの保存を実行

  12. すると、デスクトップ上に テストドロップレット というドロプレットファイルが作成されます。このファイルに処理したい画像ファイル(単体でも複数でもOK)をドラッグアンドドロップすると、ドロップレットに登録したアクションが自動で実行されます。
    ドロップレットファイル