アトム電器 三軒家店(有限会社 おかもとでんか)のホームページ。大阪市大正区にある町の電気屋さん。家電製品の販売、エアコン、電気工事、パソコンからリフォーム、オール電化など電気のことならなんでもお任せ下さい!アトム電器三軒家店

Finderでウインドウに合わせて自動整列

macOS使い方

Finderの幅や高さを縮めると、縦や横のスクロールが表示されてアイコンが隠れる場合があります。これはフォルダー毎の表示オプションの設定によって起こります。確認したバージョンは Macは「OS X El Capitan(10.11)」。

Finderの表示オプションは、Finderのアプリケーションバーから表示-表示オプションをクリックすると表示できます。
Finderの表示オプション

表示オプションの表示順序が、「なし」や「グリッドに沿う」や、「名前」「種類」…など好みに応じて選択することができます。
Finderの表示オプション

表示オプションの表示順序を「なし」または「グリッドに沿う」を指定した時にウインドウ幅を縮めると、Finderのアイコンスペースに十分空きがあってもアイコンは自動で整列しません。そのためにファイルが多いと縦や横スクロールバーが表示されることになって、ファイルを探すのが大変になったりします。
Finderのウインドウ幅を縮小させるとスクロールが表示される

表示オプションの表示順序を「名前」や「種類」など、「なし」「グリッドに沿う」意外の値を指定した時にウインドウ幅を縮めると、ウインドウ幅に合わせてアイコンは自動で整列します。Finderのアイコンスペースの空きがあればスクロールバーも表示されずファイルも見やすくなります。
Finderのウインドウ幅を縮小させるとスクロールが表示される

表示順序の値と、アイコンの整列(ウインドウ幅に合わせて)をまとめると

表示順序ウインドウ幅・高さに合わせてアイコンは…
なし整列せずそのまま
グリッドに沿う整列せずそのまま
名前自動的に整列する
種類自動的に整列する
最後に開いた日自動的に整列する
追加日自動的に整列する
変更日自動的に整列する
作成日自動的に整列する
サイズ自動的に整列する
タグ自動的に整列する