アトム電器 三軒家店(有限会社 おかもとでんか)のホームページ。大阪市大正区にある町の電気屋さん。家電製品の販売、エアコン、電気工事、パソコンからリフォーム、オール電化など電気のことならなんでもお任せ下さい!アトム電器三軒家店

XAMPPで仮想ホストの設定

Web開発

XAMPP for Windowsで仮想ホストを追加する手順です。仮想ホストはサイトを仮想ホスト単位で構築することができる機能なので、一つのXAMPP(Apache)で複数のサイトを作ることができるようになります。今回の手順では仮想ホスト毎にポート番号を指定してアクセスできるようにします。

  1. httpd.confを編集して下記の項目を追加します。すでにListen 80というコードが記述されている次行ぐらいに追加します。今回の例ではポート番号を9001としています。httpd.confC:¥xampp¥apache¥confに存在します。

    Listen 80
    Listen 9001
  2. httpd_vhost.confに下記の項目を追加します。記述する場所はNameVirtualHost *:80 というコードが記述されている次行ぐらいに追加します。httpd_vhost.confC:¥xampp¥apache¥conf¥extraフォルダーに存在します。

    NameVirtualHost *:80
    NameVirtualHost *:9001
  3. さらに下記の仮想ホストの定義を追加します。ここでは実際にコンテンツファイル(htmlファイルなど)を置く場所はC:¥xampp¥htdocs¥testsiteとしています。またこのフォルダーは作成しておく必要があります。

    <VirtualHost *:9001>
    DocumentRoot "C:/xampp/htdocs/testsite"
    ErrorLog "logs/testsite-error.log"
    CustomLog "logs/testsite-access.log" common
    </VirtualHost>
  4. DocumentRootはこの仮想ホスト(サイト)のコンテンツ(htmlファイルなど)を保存する実際の場所です。ErrorLogはこの仮想ホスト(サイト)のエラーログ出力先を、CustomLogはこの仮想ホスト(サイト)のアクセスログ出力先を指定します。