アトム電器 三軒家店(有限会社 おかもとでんか)のホームページ。大阪市大正区にある町の電気屋さん。家電製品の販売、エアコン、電気工事、パソコンからリフォーム、オール電化など電気のことならなんでもお任せ下さい!アトム電器三軒家店

スキャンディスク

Windows使い方 説明

Windows7のディスクチェックの手順と結果の確認方法について説明します。

  1. ディスク(ここではCドライブ)を右クリックして、プロパティ(R)をクリックします。
    ディスクのプロパティを表示する

  2. ディスクのプロパティが表示されるので、ツールタブのチェックする(C)をクリックします。(ここではCドライブ)を右クリックして、プロパティ(R)をクリックします。
    ディスク検査を表示する

  3. ディスクのチェックが表示されるので、ファイルシステムエラーを自動的に修復する(A)不良セクターをスキャンし、回復する(N)をチェックして、開始(S)をクリックします。
    ディスク検査の設定

  4. Cドライブの場合、Microsoft Windowsが表示されるので、ディスク検査のスケジュールをクリックします。
    ディスク検査のスケジュール

  5. パソコンを再起動します。

  6. 再起動するとディスクのチェックが始まります。ディスクの容量やディスクの状態に応じて時間がかかります。
    ディスのクチェック

  7. ディスクのチェックが終了すると、自動的にWindowsが起動します。

  8. スタートからコンピューターを右クリックして、管理(G)をクリックします。
    コンピューターの管理を表示する

  9. イベントビューアーWindowsログアプリケーションを選択して、右側のリストに表示されるリストからソースWininitを選択することで、右側下部にその内容が表示されます。
    ディスクチェックのイベントログ選択

  10. 右側下部に表示されるログの内容で、bad sectors.が0KBならば今回のチェックでは問題がなかった事になります。逆に0KBでなければHDDに問題がある可能性があります。
    ディスクチェックのイベントログ内容の解析