アトム電器 三軒家店(有限会社 おかもとでんか)のホームページ。大阪市大正区にある町の電気屋さん。家電製品の販売、エアコン、電気工事、パソコンからリフォーム、オール電化など電気のことならなんでもお任せ下さい!アトム電器三軒家店

iTunesで異なるユーザー間でも音楽ファイルを共有させる

アプリの使い方

WindowsパソコンのiTunesで音楽ファイルを管理してる場合で、そのパソコンを複数のユーザーアカウントで使っていると、ユーザーアカウント毎にiTunesの音楽ファイルを保存するフォルダー(ライブラリ)はそれぞれのユーザーアカウント毎で別々のフォルダーとなっています。
ユーザーが違うと異なるライブラリを参照

それを異なるユーザーアカウントでも、ライブラリ(音楽ファイルを保存するフォルダー)を同じ場所を見るようにする仕方を説明します。
ユーザーが違っても同じライブラリを参照

ライブラリを同じにすることで、同じ曲をユーザーアカウント毎に別々に管理する必要がなくなりますし、音楽ファイルが多くなると無駄にハードディスクの容量を消費してしまうのを防ぐこともできます。なお同じライブラリを見るようにするには、異なるユーザーアカウントでも見ることができる場所(Cドライブ直下や、Publicフォルダーなど)にライブラリを作っておく必要があります。

共有できるライブラリを設定する

複数のユーザーで共有できる場所(ライブラリ)を設定します。既定では各ユーザーのミュージックフォルダーにあるiTunesに設定されています。なおこの場所はそのユーザーのみがアクセスできて、他のユーザーはアクセスできないような設定になっていますので、ユーザー専用フォルダ(ドキュメントダウンロードなどのフォルダ)ではない場所…例えばDドライブやCドライブ直下などに、ライブラリを指定する必要があります。

ライブラリは指定するには、新しくライブラリを作成する方法と、すでに存在するライブラリを指定する方法があります。今回はじめて音楽ファイルを共有しようとする場合は、新しくライブラリを作成する方法を行なってください。

新しいライブラリを作成する場合

  1. iTunesのアイコンを、Shiftキーを押しながらダブルクリックします。
    iTunesアイコンをShiftキーを押しながらダブルクリック
  2. iTunesライブラリを選択というメッセージが表示されるので、ライブラリを作成...をクリックします。
    iTunesライブリを選択で、ライブラリを作成
  3. 新規iTunesライブラリが表示されるので、異なるユーザーアカウントでもアクセスできる場所(Cドライブ直下や、Publicフォルダなど)を開いた状態にして、保存(S)をクリックします。
    図ではCドライブにmediaというフォルダーを作成しておいて、そこにライブラリを作成しています(このフォルダに自動でiTunesというライブラリフォルダが自動で作成されます)。
    新規iTunesライブラリ
  4. ちなみにiTunesに設定されているライブラリの場所は、編集(E)環境設定(F)をクリックして
    [編集]の[環境設定]をクリック
  5. 詳細をクリックすると表示される、iTunes Mediaと同じです。
    詳細環境設定の詳細
  6. この時点では、音楽ファイルがない空の状態のライブラリになっています。新しく音楽ファイルなどを一から追加していくか、ライブラリコンテンツをコピーするを参考に音楽ファイルなどをコピーしてください。

すでにライブラリが存在する場合

  1. iTunesのアイコンを、Shiftキーを押しながらダブルクリックします。
    iTunesアイコンをShiftキーを押しながらダブルクリック
  2. iTunesライブラリを選択というメッセージが表示されるので、ライブラリを選択...をクリックします。
    iTunesライブリを選択で、ライブラリを選択
  3. iTunesライブラリを開くが表示されるので、すでに存在するライブラリのiTunes Libraryファイルを選択して、開く(O)をクリックします。
    例ではCドライブのmediaフォルダーのiTunesフォルダーがライブラリになっています。
    ITunesライブラリを開く
  4. ちなみにiTunesに設定されているライブラリの場所は、編集(E)環境設定(F)をクリックして
    [編集]の[環境設定]をクリック
  5. 詳細をクリックすると表示される、iTunes Mediaと同じです。
    詳細環境設定の詳細

ライブラリコンテンツをコピーする

新しくライブラリを作成するで作ったライブラリは、音楽ファイルなどが存在しない空の状態になっていますので、すでにある音楽ファイルなどをコピーする必要があります。
音楽ファイルなどがない空の状態

ここでは、もともとあったライブラリの場所が、ユーザーのミュージックのフォルダにiTunesという名前のライブラリがあり、新しく作ったライブラリはDドライブ直下にiTunesという名前のライブラリを作っているものとします。

  1. もともとのライブラリの場所である、Testユーザーのミュージックフォルダを開いて、iTunesフォルダを選択してコピーします。
    元々のライブラリをコピー
  2. 新しく作ったライブラリがある場所に移動して(ここではDドライブ)、貼り付けを行います。
    新しく作ったライブラリがあるフォルダーで「貼り付け」
  3. ファイルの痴漢またはスキップダイアログが表示されるので、ファイルを置き換える(R)をクリックして、上書きします。
    ファイルを置き換える
  4. 音楽ファイルなどが表示されるようになります。
    もとのライブラリの音楽ファイルなどが表示される