アトム電器 三軒家店(有限会社 おかもとでんか)のホームページ。大阪市大正区にある町の電気屋さん。家電製品の販売、エアコン、電気工事、パソコンからリフォーム、オール電化など電気のことならなんでもお任せ下さい!アトム電器三軒家店

BS/CS110度の4K放送を視聴する方法

家電製品の説明

BS/CS(110度)の4K放送のチャンネル

4Kの画質で視聴するには、「4K対応テレビ」と「4Kチューナ」または、4Kチューナーが内蔵されている「4Kテレビ」が必要になります。2018年2月8日現在4Kチューナーを内蔵しているいわゆる「4Kテレビ」は発売されていません2018年6月30日現在、東芝のREGAZが10月以降に送付する視聴チップを装着することで視聴できるBS/CS4Kチューナーを内蔵している機種が発売されています。詳しくは「BS/CS(110度)の4K放送視聴に必要なもの」をご覧ください。

既存のBS/CS(110度)アンテナ(4K非対応)を使っても一部の4K放送は視聴(下表の既存設備での視聴に○が付いているもの)する事ができます。

全ての4K対応チャンネルを視聴するには、4K対応のBS/CS(110)アンテナに加えて、テレビ受信設備(同軸ケーブルやブースター、分配器、分波器、端子など)を交換する必要があります。

4K放送についてのご相談など、当店にお気軽にご相談ください!

BS放送の4Kチャンネル

チャンネル名 有料・無料 放送開始日 既存設備での視聴 メモ
BSジャパン 無料 2018年12月1日(土)
BS日テレ 無料 2019年12月1日(日)
NHK SHV 4K 基本無料
(NHK受信料)
2018年12月1日(土)
BS-TBS 4K 無料 2018年12月1日(土)
BSフジ 無料 2018年12月1日(土)
ショップチャンネル 無料 2018年12月1日(土)
QVC 無料 2018年12月1日(土)
映画エンターテイメイントチャンネル 有料 2018年12月1日(土)
WOWOW 有料 2020年12月1日(火)
NHK SHV 8K 基本無料
(NHK受信料)
2018年12月1日(土)

CS放送(110度)の4Kチャンネル

チャンネル名 有料・無料 放送開始日 既存設備での視聴 メモ
スカチャン4K 1 有料 2018年12月1日(土)
スカチャン4K 2 有料 2018年12月1日(土)
スカチャン4K 3 有料 2018年12月1日(土)
スカチャン4K 4 有料 2018年12月1日(土)
スカチャン4K 5 有料 2018年12月1日(土)
スカチャン4K 6 有料 2018年12月1日(土)
スカチャン4K 7 有料 2018年12月1日(土)
スカチャン4K 8 有料 2018年12月1日(土)

BS/CS(110度)の4K放送視聴に必要なもの

2018年10月頃がBS/CS(110度)の4K放送視するのに必要なチューナーの発売開始目安になると思われます。その頃にBS/CS(110度)の4K放送対応チューナーなども発売されます。

テレビだけでBS/CS(110度)の4K放送視聴できる、いわゆる「4Kテレビ」の機種は、2018年6月30日時点、東芝のREGZAが発売されていますが、この機種も2018年10月頃に送付される視聴チップ装着しないと視聴することはできませんので一手間必要です。これからどんどん増えてくると思われます。

全てのBS/CS(110度)の4K放送をみる場合

テレビは、「4K対応テレビ」+「BS/CS(110度)4Kチューナー」
4K対応テレビ
または「4Kテレビ」が必要です。
4Kテレビ

「4K対応テレビ」と「BS/CS(110度)4Kチューナー」の組み合わせの場合、「4K対応テレビ」側のHDMIポートのバージョンがHDMI2.0(4K/60p)で且つ、著作権保護規格がHDCP 2.2をサポートしている必要があります。

アンテナは、4K放送対応のBS/CS(110度)が必要になります(既存のBS/CS(110度)のアンテナではBS4K放送の一部とCS4K放送の一部は受信できません)。
BS/CS11度対応アンテナ

壁のテレビ端子、テレビのケーブルなどのテレビ受信設備は、4K放送対応のものに交換する必要があります。
テレビ受信設備

既存のBS/CS(110度)アンテナを使って4K放送をみる場合

テレビは、「4K対応テレビ」+「BS/CS(110度)4Kチューナー」
4K対応テレビ
または「4Kテレビ」が必要です。
4Kテレビ

「4K対応テレビ」と「BS/CS(110度)4Kチューナー」の組み合わせの場合、「4K対応テレビ」側のHDMIポートのバージョンがHDMI2.0(4K/60p)で且つ、著作権保護規格がHDCP 2.2をサポートしている必要があります。

アンテナは、既存のBS/CS(110度)のアンテナを使います。この場合はBS4K放送の一部のチャンネルと、CS4K放送の全てのチャンネルが視聴できません。詳しくは「BS/CS(110度)の4K放送のチャンネル」をご覧ください。

壁のテレビ端子、テレビのケーブルなどのテレビ受信設備は、既存のもので視聴いただけます(BS/CS(110度)デジタル放送(ハイビジョン)が視聴可能な受信設備である場合)。