アトム電器 三軒家店(有限会社 おかもとでんか)のホームページ。大阪市大正区にある町の電気屋さん。家電製品の販売、エアコン、電気工事、パソコンからリフォーム、オール電化など電気のことならなんでもお任せ下さい!アトム電器三軒家店

MacでK480キーボードのファンクションキーを使えるようにする

macOS使い方 ハードウェア説明

Mac miniなどキーボードが標準で付属しない機種などでは、Apple標準のキーボードは高価なのでMac用配列に対応したキーボードを使うことがありますが、今回はあまっていたLogicoolのK480キーボードを使ってみました。

最近のLogicoolのキーボードはファンクションキーに様々な機能を割り当てているので、普通にファンクションキー(F2など)を使うには、fnキーを押しながらファンクションキー(F2など)を押さないと入力できなくなっています。
ファンクションキー

ファンクションキーをよく使うにはあまりも不便です。ただファンクションキーを押しただけで入力できるようにするのは、macOSやこのキーボード単体ではできません。別途Logicool製のソフトウエア(Logicool Options)をインストールして、その中で設定する必要があります。ここではその設定する手順を説明しています。

  1. Logicool サポート+ダウンロードから、Logicool Optionsとかかれている部分の今すぐダウンロードをクリックして、ダウンロードします。
    LOGICOOL OPTIONSの「今すぐダウンロード」ボタンをクリック
  2. ダウンロードしたファイル(ここではOptions_6.80.384.zip)をダブルクリックなどして解凍して、解凍してできるファイル(ここではLogiMgr Installer 6.890.384)をダブルクリックします。
    インストーラーを抽出
  3. …開いてもよろしいですか?というメッセージが表示されるので、開くボタンをクリックします。
    「開く」ボタンをクリック
  4. …変更を加えようとしています。許可するにはパスワードを入力してください。というメッセージが表示されるので、ログインしているユーザーのパスワードを入力して、OKボタンをクリックします。
    変更を許可するために、パスワードを入力して「OK」ボタンをクリック
  5. LOGICOOL OPTIONSへようこそが表示せるので、LOGICOOL OPTIONS のインストールボタンをクリックします。
    「LOGICOOL OPTIONS のインストール」ボタンをクリック
  6. 製品強化にご協力くださいが表示されるので、はい、分析データを共有しますいいえ、共有しませんどちらでもいいので、ボタンをクリックします(今回はいいえ、共有しませんにしました)。
    製品強化にご協力ください
  7. LOGICOOL OPTIONS をインストールしていますが表示されます。インストールが終わると自動的に次の画面に移動します。
    LOGICOOL OPTIONSインストール中
  8. LOGICOOL OPTIONS がインストールされていますが表示されます。引き続いてファンクションキーを設定するのでLOGICOOL OPTIONS を起動をクリックします。
    「LOGICOOL OPTIONS を起動」ボタンをクリック
  9. 表示される「LOGICOOL OPTIONS」の画面で、F1、F2、などのキーすべてを標準ファンクションキーとして使用にチェックを入れます。以上で設定完了です。
    「F1、F2、などのキーすべてを標準ファンクションキーとして使用」にチェックを入れる

ちなみにこの「Logicool」というメーカーはスイスに本拠を持つLogitechというメーカーの日本法人で、日本法人設立の時にすでに「ロジテック」が存在したため日本だけこの「Logicool」という名称を使っています。マウスやキーボードなどの世界的メーカーです。

ちなみに「ロジテック」はパソコン周辺機器メーカーです。