アトム電器 三軒家店(有限会社 おかもとでんか)のホームページ。大阪市大正区にある町の電気屋さん。家電製品の販売、エアコン、電気工事、パソコンからリフォーム、オール電化など電気のことならなんでもお任せ下さい!アトム電器三軒家店

スマートフォンでFOMA SIMを使う

Android使い方

目的

携帯電話にはあまりお金をかけたくなかったので、フィーチャーフォン(ガラケー)と格安SIMでスマートフォンの2台持ちで運用してきたました。フィーチャーフォンなのでFOMAプランを利用していました。

フィーチャーフォンのFOMAプランタイプSSなどのプランは、無料通話が付いてくるのと、データプランの契約必須という縛りがなく、頻繁に電話を利用することはないけれど、それなりに使う場合にお得感がありました。

ドコモ4G(Xi)の基本プランは、無料通話がない従量課金のシンプルプランか、5分まで通話無料のカケ・ホーダイライトプラン、24時間無料のカケホーダイプランがありますが、シンプルプランとカケホーダイライトプランはデータ通信プランの契約が必須なので割高になりますし、カケホーダイプランにするほど頻繁に電話を利用することがないのと、自分の使い方からすると割高になってしまうので、ドコモ4G(Xi)に契約変更するのには躊躇していました。

ただこのところ、写真をとったりインターネット検索することが多くなってきたので、2台持ちから、1台のスマートフォンで通話とデータ通信を極力低料金で行えて、4G(Xi)ではなくFOMAのプランを継続できるスマートフォンを探すことにしました。
2台運用を1台運用に

選定

スマートフォンを選ぶにあたって、次のことが実現できる機種を探しました。

  • 通話にはFOMAのプランが利用できる。
  • データ通信の品質はそれなり通信できればいいので、格安SIMレベルで十分。
  • 通話とデータ通信を別会社にするので、デュアルSIMが使える端末。
  • 多少荒く使っても後悔しない程度の価格で、それなりの見た目の端末。
  • 端末前面に指紋認証機能があること。

今まで2台持ちの一方がiPhoneで、ちょうど2018年に発表されたiPhone XS/XS MAX/XRはデュアルSIM(物理SIM+eSIM)という内容。「これは!」と考えたけれど、現時点で利用不可(iOS12.1以降で対応?)で詳しい仕様が分からないのと、FOMA SIMにはほぼ対応しないだろうという自分なりの予測、eSIMに対応するキャリアが現時点ではソフトバンクのみが「今後対応する予定」、ドコモやauは「未定」、格安SIMのIIJmioがフルMVNOで対応する可能性はあるけれど「どうなんだろう?」ということ、何より高価なのでiPhoneは対象外に。

ドコモやau、ソフトバンクから発売されているスマートフォンはシングルSIMなので対象外に。

SIMフリースマートフォンの有名どころである、HuaweiやASUSに絞り込みました。デュアルSIM可能な最新の機種(HuaweiのP20 やHonor10など)ではFOMA SIMが使えないとの情報がネット上に載っていたので、無難にいくため最新機種は断念しました。

ASUSのZenFoneの一部機種もFOMA SIMに対応していますが、どうも背面のASUSロゴが入っているのが好きになれなかったので却下しました。

結局2017年に発売された、Huawei の Honor9に決めました。
Honor9

Honor9を使うまでの準備

ドコモ関連

今まで使っていたフィーチャーフォンがN-01Cで、SIMカードサイズが通常サイズSIM。Honor9はnano SIMで物理的に使うことができないので、SIMカードのサイズ変更をしなければなりません。

SIMカッターでnano SIM化という方法もありますが、ここは無難にドコモショップに行ってSIMカードのサイズを変更してもらいました。店員さんに「SIMカードのサイズをnano SIMサイズに変更したい」と言うと、新しい端末を確認するといったこともなく、すんなりとSIMカードを変更してもらえました。

IIJmio関連

Honor9はIIJ経由で購入しました。10月2日の午前に購入して、届いたのが10月5日でした。

Honor9用のデータ通信にはIIJmioですでに契約していたミニマムスタートプランの追加SIMとして購入しました。

10月2日 Honor9と追加SIMの購入手続き。
「本人確認完了のご連絡」メールが届く。
10月3日 「[IIJmio]ready to start」メールが届く。追加SIMを発送したとの内容でした。
10月4日 [IIJmio]ready to start」メールが届く。今度はHonor9を発送したとの内容でした。
追加SIMが届く。
ドコモショップでSIMカードサイズ変更。
10月5日 Honor9が届く。

Honor9のSIM設定

まず最初に、Android8.0にアップグレードしました。
Androidのバージョン(8.0)

SIMの設定

IIJmioのデータを通信を利用できるようにするために、プロファイルを設定します。既定の通話・通信で使うSIMを設定します。

  1. foma SIM と IIJmioのデータSIMを、Honor9に挿して起動。ちなみSIM1にはIIJmioのSIMを、SIM2にはドコモFOMA SIMを挿しました。
    SIMスロット

  2. 設定から無線とネットワークをタップします。
    「無線とネットワーク」をタップ

  3. モバイルネットワークをタップします。
    「モバイルネットワーク」をタップ

  4. データ通信に使うプロファイルを選択するので、IIJmioのSIM(SIM1)のアクセスポイント名をタップします。
    「アクセスポイント名」をタップ

  5. このHonor9にはすでにIIJmioなど格安SIMのプロファイルが登録されているので、一覧から選択するだけで利用できるようようになります。IIJmioを選択します。
    「IIJmio」を選択する

  6. 設定無線とネットワークからデュアルSIM設定をタップします。
    「デュアルSIM設定」をタップ

  7. デフォルトのデータ通信SIM1を選択し、デフォルトの通信用SIMにはSIM2を設定します。
    「デュアルSIM設定」をタップ

以上でSIMの設定は完了です。

月額利用料

通話専用にドコモのFOMAプランを、データ通信用に格安SIMのIIJmioのプランを利用しました。現在の2台の持ちの一方(iPhone)を念のため維持する場合でもおよそ4,500円程度(端末分割を省くと3,300円程度)。このHonor9だけ利用するようにすればおよそ4,000円前後(端末分割代金を省くと2,800円程度)で運用できます。

ドコモ FOMA月額利用料

ドコモはFOMAタイプSSバリューのみ契約。iモードやSPモードは契約しないのでドコモのメールも利用しない契約です。FOMAタイプSSなので、1,000円分の無料通話が付いてきますし、3,000円を上限として使わなかった無料通話分が繰り越されます。

FOMA タイプSSバリュー 1,864円
いちねん割引(10年超) -470円
ファミリー割引 -470円
ユニバーサルサービス料 2円
消費税 74円
ドコモ合計 1,000円

IIJmio月額利用料

すでにIIJmioのタイプDのミニマムスタートプランで1回線契約ずみで、Honor9用にデータ通信専用SIMを追加SIMとして契約しました。データ通信専用の追加SIMなので利用料は400円で済みます。

ちなみにミニマムスタートプランは合計2枚まで契約できて、データ料はシェアされますので2枚合わせて3GBとなります。

データ通信専用追加SIMの場合は400円ですが、SMS機能付きの場合は付帯料として140円が、音声通話機能付きSIMの場合は付帯料として700円が追加SIM利用料400円に加算されます。

IIJmio タイプD ミニマムスタートプラン 900円
IIJmio タイプD ミニマムスタートプラン音声通話機能付帯料 700円
ユニバーサルサービス料 2円
IIJmio タイプD ミニマムスタートプラン 追加SIM 400円
ユニバーサルサービス料 2円
消費税 160円
Honor9 24回分割 1,384円
IIJmio合計 3,548円