アトム電器 三軒家店(有限会社 おかもとでんか)のホームページ。大阪市大正区にある町の電気屋さん。家電製品の販売、エアコン、電気工事、パソコンからリフォーム、オール電化など電気のことならなんでもお任せ下さい!アトム電器三軒家店

UWP版OneNoteの文章校正の波線を消す

Office使い方

今までOneNoteは、Microsoft Officeに付属のOneNote 2016を使ってきたのですが、このOneNote 2016は今後新機能などは追加されず、UWP版OneNote(OneNote for Windows10)のみ更新されていくとのアナウンスがされています。
OneNote2016とOneNote

そういうこともあり、OneNoteを使い出しているのですが、文章校正(スペルチェック)による波線が邪魔だったので、スペルチェックの波線を表示しない設定をご紹介します。
OneNoteの文章校正(スペルチェック)の赤波線

環境は Windows 10 バージョン1803 (いわゆるApril 2018 Update)
Windows10のバージョン

UWP版のOneNote(以下、OneNoteと記述)のバージョンは、16001.11328.20100.0
OneNoteのバージョン

手順

  1. 右上の三点アイコンをから、設定をクリック
    設定をクリックする
  2. 表示される設定メニューのオプションをクリックします
    オプションをクリックする
  3. 表示されるオプションメニューを下にスクロールしていって、文章校正のトグルスイッチをオンにします。
    ここで戸惑ったのですが、このトグルスイッチは文章校正をオン・オフするものではなくて、スペルチェックの結果(波線)を表示するかしないかのオン・オフです。なので結果(波線)を表示しない場合はオンにする必要があります。
    文章校正のトグルスイッチをオンにする